日本茶は食べるモノ?!

ウェルネスアンバサダーでスペシャル.T、ドルチェグスト、バリスタi[アイ]が無料で使える

 

 

「和」の代表格といえは何?という質問があったとして多くの人はきっと「桜」や「花火」、「浴衣」などのキーワードを次々と連想するのではないでしょうか。

 

そしてそのキーワードの中にかなりの高確率で入ってくると思われるのが、そう、今回ご紹介する日本茶です。

 

日本茶にもいろいろありますが、最近ではペットボトル入りの冷たい日本茶も出てくるようになり、ますます日本人の生活にぴったりと密着しているといった様相を呈してきているのではないでしょうか。

 

しかし、あまり日本人が知らない事実として「日本茶は食べられる」ということがあります。

 

そうです、日本茶は実は食べるものでもあるのです。とは言ってもさすがにそのままバリバリと食べるわけにはいきませんので、いくつかの方法で日本茶の茶葉を食べることになります。

 

日本茶は食べるもの?

 

前提条件としては日本茶を1〜2ミリ程度にあらびきにしておくことなのですが、それさえしておけばご飯のふりかけにしてもよし、何か生地モノに練り込んでもよし、様々な方法で直接日本茶の茶葉を食べることができるようになっています。

 

そして実際にこの日本茶の茶葉を食べることによって、お茶として摂取した時よりもより多くの栄養分を取ることもできるようになっています。特に水に溶けない成分であるビタミンEや食物繊維、それにミネラルなどは普段のお茶を飲むことでは摂取ができませんので、こういった成分を摂取するのであれば日本茶の茶葉を食べるというのは大変有効です。

 

「もったいない」の精神は日本人が持つ非常に独特でかつ、素晴らしい精神ですが、こう考えてみると「もったいない」には様々な効果効能があるのかもしれませんね。少なくとも日本茶の茶葉は食べられる、ということが今回はわかりました。
>>トップページへ戻る